人気ブログランキング |

2019年 06月 27日 ( 1 )

建て方!

昨日、梅雨の合間に建て方していた浜松:有玉の家「iさんの家」にお邪魔しました。
上棟!おめでとうございます。
木造二階建て梁・天井は構造表しの土間のある家です。
今日から一週間雨になりますから、現場は雨仕舞にバタバタしてました。
切り妻の二階と東西の下屋で落ち着きのある家になりそうです。
外壁はそとん壁、内壁はシラス壁で全て塗り壁。
この物件はPAを搭載予定だそうです。
b0095981_04532786.jpg
b0095981_04534764.jpg
b0095981_04541428.jpg
b0095981_04543161.jpg
玄関横の車寄せの下屋は雨の日に重宝しますね。
天竜杉の梁と杉のJパネルの組み合わせはいつ見ても美しいですね。
大黒柱は桧の7寸かやあー・・。
いつ見てもここの大工さんは若いのに丁寧な仕事されております。
玄関周りの破風・鼻隠は「留」の納まり・・・。恐れ入りました。

おまけ、ここ有玉のすぐ上、有玉台に20年ほど前に柱梁全て杉の真壁の家があります。
懐かしいのでこっそり覗いて来ました。
b0095981_04544787.jpg
シンボルツリーの「ヤマボウシ」は木陰をつくり、目隠しの役目も・・・。
浜松でのオール杉の真壁木造で柱梁全て表しでメーターモジュール。
初のJパネルと木製サッシ、屋根と壁を断熱材いりパネルにしたと思います。
玄関のスエドアやバルコニー・デッキ・板塀はいい色になっています。
何年たっても素敵な木の家は経年変化と共に地に馴染みますね。

天気予報では雨なのですが、事務所の窓から朝日が差し込んで来ました。
とってもまずしいです。

菊川のある敷地を見に行って来ます。

ではまたね。


by hirano-soft | 2019-06-27 05:31 | 勉強 | Trackback | Comments(0)

日常の出来事を楽しみたいと思う建築設計事務所主宰の独り言です。